The Maestro
ブランコはおそらくバリに暮らす芸術家のなかで最もその名を知られる有名な存在だろう。壮大なる彼のアトリエは、チャンプアン川を見渡す山頂に位置する。バリ建築のなかにも彼の母国であるスペインの雰囲気が感じられるこの華麗な建物には、彼の長いキャリアの中で移りかわっていく興味深い作品のコレクションが展示されている。生前のブランコには、毎日世界中から多くの人々が訪れていた。自分自身を「華麗なるブランコ」と呼んでいた創造性豊かな才能をもつ芸術家からは、強烈なカリスマ性があふれ出ていた。

最高傑作

Blanco Masterpieceニ・バワン(バリのシンデレラ)
カンバス地にオイル(1964年頃)
ブランコ美術館所蔵

シンデレラ神話は世界中でさまざまな形をとって表されている。私のビジョンはこうである:あるとき4姉妹がいました。3人は醜くわがままでしたが、継母は末娘のシンデレラを嫌いいつもいじめていました。シンデレラはとうとう家をでて、山間部にたどりつくと、不思議な鳥たちが彼女に舞い降り、金やダイヤモンド、愛などの贈り物を与えました。シンデレラは優しい王子と出会い、2人は末永く幸せに暮らしたということです。

details

 
 
Blanco Masterpieceイブのりんごは無傷
カンバス地にオイル(1967年)額はブランコのデザイン
ブランコ美術館所蔵

幾何学的な形は我々に大きな影響をあたえる。横長の楕円形に包まれたこの裸身は、垂直や四角よりも私たちにちがった効果を与えてくれる。少女、りんご、腰部の間のガラスのフラスコ、すばらしい!ブランコのエロティックなファンタジーがまたも溢れる作品だ。

details